The story “Maiden Tower” in Japanese – Tarana Turan Rahimli / Translator: Ellada Mammadova

The story “Maiden Tower” in Japanese – Tarana Turan Rahimli   タラナ・トゥラン・ラヒムリ 翻訳:マッマドワ・エッラダ   乙女(おとめ)の塔(とう)   バクーの領主(りょうしゅ)、オグーズはイライラしながら、宮殿(きゅうでん)を歩(あるき)き回(まわ)っていた。世界中(せかいじゅう)から集(あつめ)められた美人(びじん)も、宮殿(きゅうでん)の遊(あそ)びも、領主(りょうしゅ)を喜(よろこ)ばせなかった。領主(りょうしゅ)は心(こころ)を揺(ゆ)さぶられたり、悩(なや)ませたりしている、その悲(かな)しみの理由(りゆう)が自分(じぶん)にもわからなかった。朝(あさ)も夜(よる)も心(こころ)を攻(せ)め続(つづ)ける寂(さび)しさが、深(ふか)い思(おも)いに沈(しず)めていた。   そして、それは命令(めいれい)に大(おお)きな影響(えいきょう)を与(あた)えた。領主(りょうしゅ)は残酷(ざんこく)になり、法廷(ほうてい)で多(おお)くの人(ひと)が罰(ばっ)され、殺(ころ)された。しかしカーンの怒(おこ)りはちっとも静(しず)まらなかった。今日(きょう)も宮殿(きゅうでん)をイライラと歩(あるき)き回(まわ)っていた。彼(かれ)は急(きゅう)にマラガのアリアクマッドという領主(りょうしゅ)に侮蔑(ぶべつ)されたことを思(おも)い出(だ)した。   オグーズカーン:「アリアクマッドを懲(こ)らしめる時(とき)が来(き)た。オルドゥハン!!!!」 (と大(おお)きい声(こえ)で叫(さけ)んだ) 家来(けらい):「今(いま)お呼(よ)びしております。」 (と言(い)って、後(うし)ろのドアから出(で)てから少(すこ)しして、でオルドゥハンと一緒(いっしょ)に帰(かえ)ってきた。) オグーズカーン:「軍人(ぐんじん)を準備(じゅんび)させろ、オルドゥハン!アリアクマッドカーンを攻(せ)めるぞ。」 オルドゥハン:「かしこまりました」 そして領主(りょうしゅ)は戦争(せんそう)に赴(おもむ)いた。   戦場(せんじょう)ではオルドゥハンが報告(ほうこく)していた。   オルドゥハン:「マラガの戦(たたか)いでは簡単(かんたん)にアリアクマッドカーンの軍隊(ぐんたい)を屈服(くっぷく)させました。町中(まちなか)の宝(たから) や家畜(かちく)、羊(ひつじ)や馬(うま)の群(む)れやラクダのキャラバンなどを手(て)に入(はい)れました。若(わか)い女性(じょせい)や男性(だんせい) とその妻(つま)たちを捕虜(ほりょ)にしました。」 オグーズカーンはニヤニヤして、言(い)った:「私(わたし)が思(おも)っていた通(とお)りだった。」 オルドゥハン:「しかし捕虜(ほりょ)の中(なか)にはアリアクマッドカーンの娘(むすめ)、セルジャンもいます。たった一(ひと) 人(り)の娘(むすめ)で、勇敢(ゆうかん)に育(そだ)てられたのです。剣(けん)の戦(たたか)いでも誰(だれ)よりもうまく、戦場(せんじょう)でも父(ちち) の知(し)らない所(ところ)で戦(たたか)っていました。」 オグーズカーンは楽(たの)しみながら言(い)った:「彼女(かのじょ)を連(つ)れてこい!」 二人(ふたり)の家来(けらい)がセルジャンハトゥンをオグーズカーンのところに連(つ)れてきた。頭(あたま)のショールが開(ひら)き、真(ま)っ黒(くろ)の髪(かみ)の中(なか)から真(ま)っ白(しろ)な月(つき)のように輝(かがや)いている顔(かお)、怒(おこ)っている背(せ)が高(たか)い美人(びじん)のカーンの娘(むすめ)を見(み)るとオグーズカーンの心(こころ)が揺(ゆさぶ)れ始(はじ)めたのだ。彼女(かのじょ)の美(うつく)しさに魅了(みりょう)されたカーンは知性(ちせい)を確(たし)かめるため、質問(しつもん)した。 オグーズカーン:「故郷(こきょう)では男性(だんせい)はみんな死(し)んでしまったのか、だから女性(じょせい)が戦(たたか)っているのか?」 … Continue reading